ウカニバ決勝お礼

クロツとヘレナ登場。クロツは例によりミーヤを抱っこしている。

決勝、応援してくれてほんとありがとな。猫を抱っこするのに
負けないくらい嬉しかったな」
「もう突っ込む気力もありませんから、構いませんけど…」
「にゃー」

>>5さん
「四回戦の時も応援してくれたヒトだよな。ありがとな」
「二戦続けて、ありがたいことですわね」

>>6さん
「嬉しいな。ありがとな」
「大半はきっとあたくしの魅力ですわね」
「はいはい」

>>8さん
「ありがと。ま、あんまり撫でられて嬉しいって年じゃ
ねーけど、別に嫌じゃないから…」
「今流行のツンデレって奴ですわね?坊ちゃま、そういう
手練手管は大事ですわよ」
「違うし。っていうか何強調してんの?」

>>12さん
「毎回毎回、すごい面子だよな。選んでくれてありがと」
「見事に共通点がない面々ですから、悩みもひとしおだと
思いますわよ」
「猫好きの先生とは共通点があるだろ、猫が」
「はいはい」

>>14さん
「ありがとな。ほんと難しいよなー。俺なら…」
「あたくしがいるから、あたくしにですわよね」
「はいはい。
あ、ミーヤ、可愛いってさ。そうだよな。ミーヤは
可愛い子しかいない猫のなかでも抜群だもんな」
「…にゃ?」


>>20さん
「ありがとな。俺、自覚なかったけど癒し系なのかな…?」
「坊ちゃまのおバカさは確かに癒されるというか
ある意味和みますわよね」
「うるせえ…!」

>>23さん
「ありがとな。でも、こいつのファンって…」
「どういう意味ですかしら?」

>>25さん
「ありがとな。猫バカ日誌とかできそうなくらい
好きだ!」
「…はぁ」
「バカですにゃー」
「ええっ?!」

>>27さん
「ありがとな。愛…あるかな?」
「これも愛の鞭ですわよ」
「ほんとかよ…」

>>30さん
「ありがと。…そうだよなー。ここ、誰が一番だ、って感じだよ」
「奥様、あたくし、マテウス、ミーヤ、坊ちゃまの順でしょう?」
「ミーヤの下なのはいいんだけど他が納得いかねえ!」
「というか、いいんですかにゃ…」
「本人がいいならいいんじゃありませんの?」
「っていうかにゃんこが一番上だろ!ミーヤが!」
「しばき倒しますわよ?」
「………っていうか、もうしばき倒されてるし…」

>>31さん
「ありがとな。土いじりは和むし、すくすく育つと嬉しいからなー」
「ま、一口に妖魔の類でも色々なのがおりますから、ね」

>>32さん
「ありがとな。猫分は大事だよな」
「何ですの、それ」
「ミーヤを抱っこさせてもらってるからどんどん猫パワーが溜まってるぞ」
「ほんとクロは変ですにゃー」
「ストレッチパワーみたいなもんだって」
「そういう理解で問題ありませんの…?」

>>36さん
「このヒトも多分前この時間帯に投票してくれたヒトじゃないかな…?
二日間、夜中にありがとな。風邪引かないでくれよ」
「季節の変わり目ですものね」

>>37さん
「ありがとな。…ショタって何?」
「まだ坊ちゃまは知らなくていいと思いますわよ」
「いや、何となく想像は…どうなんだろ」

>>41さん
「ありがとな。そうだよな、ミーヤは可愛いし、こいつは良い性格してるし」
「それはお互い様ですわよね?」

>>43さん
「ありがと。こいつは物理的に凶悪だから…」
「坊ちゃまは非力すぎるのですわよ。ま、旦那様でも似たようなものですけど」
「マジ?」

>>47さん
「ありがと。昼前だからちょっと弱まり気味だけど、元気出た」
「坊ちゃまは年中弱り気味ですわよね?」
「何でだよ」

>>50さん
「ありがと。おお、何だか格好良いな!戦闘BGM?」
「坊ちゃまが出るならすぐ負けますから、すぐ切れないと…」
「お前な…」

>>58さん
「ありがとな。由緒正しい庶民だからなー」
「その言葉は矛盾してませんかしら?」
「そう?」

>>63さん
「ありがとな。…優しいか?俺?」
「優しいというかお人よしですわよね」
「…そ、そうか?」

>>64さん
「ありがとな。血も嫌いだしな。でも、牙はあるぞ」
「牙もそう大きくありませんものね。見るものが見たら
わかるのですけど」
「あれ、そうなの?」
「霊体の構造が違いますもの」
「ふーん…。
あ、シグルイはいいよな。教典だ」
「…嫌な教典ですわね」

>>65さん
「ありがと。お日様の匂いがする、って言われること
多いんだよな。良い匂いで好きだけど。
…何か、後半怖いこと言ってない?」
「あたくしの活躍にこうご期待ですわ。
坊ちゃまの頭痛5割増し!」
「うるせえ」

>>66さん
「ありがと。その顔文字かわいいなー」
「知り合いのうにゅうに少し似てますわね」
「そう?」

>>68さん
「ありがとな」
「更新はもっとするべきですわよね。1日24回で、1回辺りの
更新内容は倍は必要ですわ」
「…予選のときより要求がきつくなってない?」

>>70さん
「あら、ありがとうですわ」
「お、頼まれてくれてありがとな」
「そうですわね。もっとしっかりしてれば言う事無いのですけど」
「ほっとけ」

>>71さん
「ありがとな…へ、へたれ…かな…?」
「全体的に駄目、と言い直した方がいいかしら?」
「もっと悪いわ!」

>>72さん
「ふふ、ありがとですわ」
「…俺がいない間に何やってんの?」
「お子様には縁のない時間ですわね」
「………左様か」

>>84さん
「ありがとな…って、いや、早まるな!ダメ、ゼッタイ!」
「献体はいつでも募集中ですわよ?」
「やめてくれ…!」

>>88さん
「ありがとな。でも、ミーヤをいじるだけでいいんじゃないかな…?」
「変なとこ触ったら怒りますにゃ」
「坊ちゃま弄りがメインですわよね?」
「全然まとまりがねーんだけど、これからもよろしくな」
「逃げましたわね…」

>>92さん
「かたじけなし」
「…はぁ?」

>>105さん
「ありがとな」
「まだ宵っ張りの投票ですわね。この後も楽しめましたかしら?」

>>109さん
「ありがとな。うん、確かに普通だよな。な、ミーヤ。」
「そうですかにゃー…?」
「変ですわよねぇ」
「何だと」

>>112さん
「ありがとな。って、何か身体に悪そうな…」
「あら、蠱毒は食べればパワーアップですわよ?」
「やだよ…」

>>117さん
「ありがとな。…な、何か照れるなー」
「愛と言う字は真心ですけど、坊ちゃまの場合は変という字が…」
「あれ、何かおかしくないか」

>>120さん
「お、ありがと。
どうだ、この秘剣は!勝ったっ!って感じか?」
「坊ちゃま、それ、死亡フラグですわよね?」
「何だって?!」

>>121さん
「ありがとな。いい子…かな」
「飲まない打たない買わないですものね。
少しくらい遊ばないとダメですわよ」
「何かすげー考え方にずれがある気がする…」

>>131さん
「ぎりぎりまで迷ってくれたんだな。ありがとな」
「23時までというのは意外と短いですわよね」
「そうそう、昼寝してたらあっという間だし」
「…この時間まで寝てるのは昼寝とは言わないですわよね?」

>>137さん
「ありがとな。ってストーカー…!?」
「坊ちゃまならやりかねませんわよね」
「猫を追いかけて歩くのは楽しいよな」
「やってますの?!」

>>138さん
「ありがとな。どんなって…難しいなー。
普通に授業受けて、クラブで土いじりして、って感じかな」
「家でも土いじりしてるのですから、他のクラブも入って
みたらどうですの?」
「茶道部とか華道部とか面白そうだよな」
「…まあ、駄目とはいいませんけど…」
「っていうか、猫部とかないのかなー」
「それはないと思いますわよ…」
「そうか、作るか」
「…まあ、頑張ってくださいな」

>>142さん
「ぎりぎりまで悩んだのに、俺らにいれてくれてありがとな」
「しかし、本当にぎりぎりまで迷ってますわね」
「すごい面子だしな」

>>144さん
「最後の最後に、ありがとな。ほんとぎりぎりまで考えてくれて
嬉しいな」
「エラーが出て再投稿していたら厳しいくらいの時間ですものね。
あたくしからもお礼申し上げますわ」

#コメントのみ
>>13さん
「か、可愛いかな…?ありがとな」
「お馬鹿で可愛いですわよ?」
「うっせえ」

>>29さん
「上の兄姉、欲しかったんだよなー…」
「さすがにそっちは頼めませんわよ?」
「わかってるって」

>>54さん
「お日様は大事だからなー。夏はうんざりするけど」
「坊ちゃまの一族は日光に強くてよかったですわね。日常生活に差し障りますものね」
「だな。あ、猫は普通釣られるよな?」
「坊ちゃまだけですわよ」

>>113さん
「お、ありがと…って、おお!何かすごいヒトが…」
「飲まれてどうしますの…」

#支援絵
>>81さん
「おお、ありがとな」
「坊ちゃま、背伸びませんわね。血が足りませんわ、血が」
「い、いらねえ…」

>>139さん
「おお、可愛いなー。ありがとな」
「あら…」
「ミーヤが可愛いな!なー、ミーヤ…って、また寝てるな」
「(ミーヤは眠りこけている)」
[PR]