ゴーストを作った経緯

雑記で触れるだけにしようかと思ったのですが、長くなったので単独の記事にします。
今回最萌が良い経緯ですし、今まで書かずに留め置いた事も書いて行きたいと思います。
追記、修正をするかも知れません。

拍手で頂いた沢山のコメント(有難う御座います!)は明日以降お返事させて頂きたいと思っています。

1.鉄の夢
 ・動機:裏子さんに楽しませて貰って、「私も人を楽しませられるものを作れないだろうか?」と思った所から。
     まだまだ目標は遠いですが…楽しんで貰えていますでしょうか。
     何故軍事ジャンルかというと、私の趣味です。
 ・シェル:フリーシェル『割り箸』を使っています。概ねキャラが固まった辺りからフリーシェルを色々見て回り
     一目惚れしたこのシェルに決めました。\1側は自分で絵を描いてつける予定で、当初はAAキャラの「つー
     (一番好きなAAなのです)になる予定だったのですが、全く絵が描けなかったので断念。
     表情が欲しかったのでAAでつけました。
 ・設定:作り始める前は軍事の本を読むのが好きな、病弱眼鏡娘の予定でした。
 ・名前の由来:中島飛行機の「栄」エンジンから。健康優良児なので稼働率の良いエンジンから名前を取りました。
     もにゅうはモナー顔のうにゅうなのでもにゅう(安易過ぎる…)です。
     ゴースト名は「鋼鉄の悪夢をあなたに」という元々のコンセプトから。もっと嫌ゴ的な要素が強かったのです。

 公開してからおよそ三日程でサイトを畳み、公開を停止する予定をしていたのですが、シェル作者さんの白兎一哉さん
アラタさんに素晴らしく嬉しいご感想を頂いたお陰で、もう少し続けてみようか…と言う気になりました。
(何しろ創作活動というもの自体これが初めてだったもので、どうしたものか考えあぐねていたのです)
そうでなければサイトを畳んでそのまま足を洗っていた公算が高いです。

2.Photo Of Ghost
 ・動機:これも私の趣味から、音楽ゴーストが作りたかったのです。70年代及びプログレに絞ったのは当初は
     成功でしたが、今後はゴーストの守備範囲を広げて、もっと広汎なトークをさせたいですね。
 ・シェル:アラタさんにお願いしました。初の依頼シェルです。何方にお願いするか作ってから考えていたの
     ですが、アラタさんの絵がイメージにぴったりだったのでお願いしました。
 ・設定:作り始めたときから特に変わっていません。恐らく唯一設定が揺らがなかったゴースト。
 ・名前:紅横 玲奈(みおう れいな) King Crimsonのアルバム、プログレはおろかロック史上に残る名盤
     『クリムゾン・キングの宮殿』から、紅・王→横(おう)、玲奈、は当時のボーカル、グレッグ・レイクから。
     マンティはマンティコアから、もっと色々名前を考えていたのですが、玲奈の性格上安易な名前の方がいい、と
     この名前にしました。ゴースト名はイタリアのプログレバンド、P.F.Mの"Photos Of Ghost"から。

 オンリーイベント限定公開ゴーストだったのですが、無料配布だったことと要望があれば…とサイトに書いたところ
要望を沢山頂いた事もあり、公開することにしました。
また、私の考える「最低限」の構成でゴーストを作る、という実験的な意図もあり、基本的なシェルセットとトークで
作っています。お気づきの方もいらっしゃるかも知れませんが、ユーザさんの名前を覚えない(好感度もない)のは
彼女達だけです。サーフェスは、「歌う」はお願いするべきだったかも…と少し思っています。
大きく手を入れたいゴーストの一つ。

3.機械の王
 ・動機:矢張り私の趣味で、ハードSFゴーストを作りたい、と思ったところから。
 ・シェル:ケノさんにお願いしました。実はまだ制作途中で依頼する予定が無かった段階で、オフ会でお会いした
     ケノさんに衝動的に依頼してしまい、自分の尻に火をつけてしまう羽目に。
     普段人にシェルをお願いする時には、大半が完成してから依頼するようにしています。
     (ポシャってしまうと困るので…) シェルは冷淡そうな性格にイメージぴったりだと思っています。
 ・設定:\0,\1の位置が逆になる予定でした。収まりが悪いかも…と思い依頼時には逆にしましたが、セイレンばかり
     目立ってしまい、反省することに。拙作上最も設定が暗鬱で、色々と展開を考えているのですが、力不足に
     よって実現できていません。大きく手を入れたい…。
 ・名前:セイレンはセイレーンと、サイレン(大きい音を出す警報装置)から。トールは当初日本人名っぽい「トオル」
     だったのを少し変えました。
     ゴースト名は「孤独な機械達の王様」であるトールの職業から。

 マルチキャラにする予定もあったのですが、まだトークが思い付かなくて…このゴーストも大きく手を入れたいです。
フェイズ進行もしたいのですが…。

4.侵されざる黒
 ・動機:趣味でオカルトゴーストを作りたいと思い発作的に作りました。実はこのゴーストには着想を得た元ネタが
     幾つかあるのですが、一番比重が高いのは、ある吸血鬼の短編ギャグ小説を読んだ事から発想を得て、私が
     2時間ばかりで作った「若い吸血鬼が日常生活のしょうもないぼやきを呟くソロゴースト」です。
     自分で勝手に定めた公開基準のトーク数は十分満たしていたのですが、シェルをどなたに依頼するかを全く
     思い付かなかったので半年程放置していたところ、「メイドをつけてみればどうだろう?」と思い立ち、現在
     に至ります。拙作の、寝かせておくと思わぬ方向に発展する好例だと自分では勝手に思っています。
 ・シェル:\1側のイメージがもうボトル猫さんの絵しかない、と思い付いたときから考えていたので、お願いしました。
     とても可愛らしくイメージに合致していると思っています。前作、前々作の反動?から多量のサーフェスにな
     っていて、ボトル猫さんにはご迷惑をお掛けしてしまいました…。只、表現の幅は大きく広がったと思います。
 ・設定:当初は傲慢な当主(もう少し年が行く予定でした)と忠実な(魔術師ではあるものの)普通の人間のメイドに
     なる予定なのですが、気がつけば現状に。使い魔の猫とその人化はシェル依頼前から考えていました。父母と
     屋敷の探索は登場予定は無かったのですが…。
     ソロのギャグ→コンビのギャグ→コンビのシリアス(マルチバッドエンド)→マルチキャラのシリアス→
     マルチキャラのギャグ→同左で且つ「家族」がテーマ と、もっともコンセプトが発展(迷走?)したゴースト
     です。
 ・名前:ヘレナだけ、当初は「エリカ」の予定でした。被っていたので変更することに。
     ゴースト名はふと思い付いたものが余りにぴったりだと感じたのと、余りにデリケートな話題をしないように、と自戒を込めて。

 とてもランダムトークの書きやすいゴーストです。何しろオカルトなので裏を取る必要が余り無い(取りようもない)
ですし、私自身怪談の類は大好きなので…。
 屋敷探索モードはjumeiさんの『想像書架』、書架迷宮モードに着想を得て作りました。作者さんの許可も頂いています。
ペンダントが七芒星なのにはちょっとした意味があるのですが、追々その辺りも触れたいですね…。

 どうしようもない陰鬱なバッドエンドを作りたい…とゴーストを作る上で常々思っているのですが、少なくともこのゴースト
では(絶対という言葉を使っても良い位です) 間違いなく実装はしません。

※徒然と書きましたが、名前を出される、リンクを貼られるのは…という場合は仰って頂ければ修正させて頂きます。
[PR]