2008年 09月 09日 ( 2 )

・鉄の夢
 トーク追加。

・侵されざる黒
 トーク追加(デフォ、ヘレナソロ)

◆拍手レス
>6日0時の方、6日22時の方、7日17時の方、8日11時の方
 遊び回っている所為で返信が遅くなって申し訳ないです。
有難う御座います。頑張ります。
[PR]
大阪は泉大津フェニックスで行われたOTODAMAフェスを見に行きました。
今夏最後の夏フェスです。ああ、夏が終わってしまう…。


到着後、不足した物を駅前で買い足し、シャトルバスに。会場までは
おおよそ10~15分程度でしょうか。

到着すると既にフラワーカンパニーズが演奏を始めており、演奏を聴きながら
オフィシャルグッズを購入。輪太鼓兎の黒にしました。

支度を済ませると丁度Bonobosが始まるところで、ぼちぼちと参加。
名前だけは知っていましたが、凄く和みますね。良い感じ。

かなり良い感じだったのですが、終了直前に切り上げて本命の時雨を
見るために前進。六列目位にて待つ事暫し。

ノイズの様なSEが。遂に!青空の、野外ステージで見る凛として時雨!
フジでは見られなかったので、とても楽しみにしていました。
個人的大本命だったので、主観的にはもうトリのような気分に。

◆凛として時雨セットリスト
鮮やかな殺人
想像のSecurity
Disco Flight
Telecastic Fake Show
(MC)
Nakano Kill You
感覚UFO

時雨で全力を使い切る積もりで暴れたので、腹が減ってしまいました…。
藍坊主を遠目に見つつ昼食を済ませて楽しみにしていたThe Back Hornに。
ライブは初めてですが、とてもノリが良くて良いですね。満足。

疲れたのでmonobrightを見る前にかき氷を買って…等々のんびりしていると
いつの間にか終わってしまっていました…。; どうも普段の私のペースより
のんびりし過ぎた感があり、少し反省しています。

休憩時間の「スイカ割り」は興味がなかったので午睡に当てました。
炎天下ながらも帽子とタオルを顔に載せれば案外寝られるものですね。
うつらうつら…していると、凄く聞き覚えのある曲が。

Beat Crusaders! Boyz Of Summerの宣伝をする、としか思っていなかったので
靴下まで脱いで寝ていた状態から慌てて飛び起き、前線に突入。
予想だにしてなかったので凄く特をした気分です。ところで、お面は持ってきて
…無かったと思いましたが、後で別のステージで見たときには被ってましたね。
ステージ端に引っかけてなかった気がするのですが…。

ビークルが終わって、荷物を転がした辺りに戻ってくるとかなり曇って涼しく
とても過ごしやすく気持ちが…雨が降ってきました。かなり大粒の雨で、一瞬
慌てましたが、フジの反省を行かして上下の合羽と荷物を包むためのゴミ袋を
持ってきたのでほぼ損害ゼロでした。靴は結局トレッキングシューズが買えて
なかったので、普通の靴だったのですが、これも防水スプレーのお陰でぎりぎり
浸水せずに済みました…。来年のフェスもちゃんと合羽とゴミ袋だけは
持って行くようにします。只、水分若しくは財布を鞄に入れたまま防護してしまうと
喉が渇いて大変なので(フジでやってしまいました…)読んでいる人は気をつけて
下さい。

雨が上がって間を置かず木村カエラ。初めて聞いたのですが中々。ノリが良く楽しめました。
「唯一の女性バンドという事で」というMCでちょっともにょっとしてしまいました。
木村カエラに恨みはないんですが…ミドリ、見たかったです…。

キャプテンストライダムをチラ見しつつ帰りのバスなどを確認。この辺りから段々人の
移動率が高くなってきて動きづらくなってきました。

去年のサマソニで素晴らしく良かったので楽しみにしていた斉藤和義の辺りでまた
やや前進。夏フェスでばかり見ている気がしますが…夏に凄く似合う気がしますね。
"ベリーベリーストロング"、凄く好きです。かなり飛び跳ねてしまいました。
冬の単独ライブも見に行こうか悩んでいます。

次のスパルタローカルズは夕食その他で殆ど見られず。何曲か聞いた感じでは
割合良かったですが。ちゃんと見たかったのですが…次の機会に。

その次、サンボマスターはしっかり見ました。良いバンドだと前々から聞いて
いたのですが、何故か機会が無くアルバムも聞いたことがなかったのですが…
実に素晴らしいライブでした。演奏も凄く良かったのですが、MCが…どうも
クサい事言うなあ、と…恥ずかしいのですが、何だか異様に格好良いのです。
音楽的にも「ナンバガ(Number Girl)ファンと被ってるのでは」という話を
ちらっと聞きましたがそうかも知れません。少なくともナンバガ大好きの私は
凄く気に入りました。時雨を除けば個人的ベストアクト。

余韻を引っ張りながらもScoobie Doを。ビークルやサンボマスター、Bonobosの
メンバーが出てきて歌ったりと何だかとても豪華で楽しかったのですが…本当は
この時間、此処でミドリを見ていたのだなあ…と思うと少し寂しい気に…いやいや。
振り切るように後ろの兄ちゃんに負けないよう叫んで飛び跳ねてきました。

トリは奥田民生。やっぱり良いですね。素敵です。とても和みます。
Zepの"Black Dog"の触りをやったので、「一曲カバーやらないかな?」と
思いましたが、客との掛け合いにちらっと使っただけでした。残念。
それを除いても良いライブでした。最後の最後に残っていた人達を呼んで…
しかし、こういうアンコールの時に別のバンドの人を…とすると何時も
思いますが、「あのバンドのVoがコーラスに!あの人がリズムギターだけ担当!
ドラムなのにタンバリン…! 何と贅沢な使い方を…(笑)」等々思ってしまいますね。
豪華です。最後の最後までとても楽しめました。

終演後バスに乗って梅田まで撤退。バスに乗るまではさほど待たず、良い感じでした。
只、足下が暗いのでライトはあった方が良いかも知れません。(必須、と言うほどでも
ありませんが…) 無くても歩けました。

然し、余り詳しくないバンドが多いので、内容がかなり薄いですね。反省しきりです。

野外フェスなので仕方がない面もあると思うのですが、余り音が良くなかった
ような…。中間辺りが一番いい気がします。後方だと一部聞こえなかったり等する
ようで…。

全体的に良い意味でゆるい雰囲気のフェスで、お客さんのマナーも悪くなかったと
思います。面子次第ですが、また来たいですね。

只、一点だけ…メインステージの前方、何だか地面が臭かったです…;
何なのでしょうね、あの臭いは…; その一点だけは主催さんに改善を
要望したいです…。
[PR]
by NonameFa | 2008-09-09 00:57 | 音楽