2008年 09月 16日 ( 2 )

東京は沼袋で行われたPochakaite Malkoのワンマンライブを
見てきました。
雨が降るか降らないかの微妙な天候の中、二年前ライブで来た
沼袋Sanctuaryへ。
余談ですが、前回のライブ前に食事したびっくりラーメンが
潰れていてガッカリしました…。

予定時間通りに開演。二年前は無かったSEが付くようになっていました。

序盤は少し音がずれてたような…段々暖まってきたというか、三曲目
辺りから凄く良い感じに…只、時折ベースの桑原氏が指が痙られたとの
事で…"5th Element"とか「滅茶苦茶難しい」そうですし、確かに何か
痙りそうではあるのですが…大丈夫なのでしょうか。
壺井氏のヴァイオリンソロやジャムセッションなどを見られて
これはこれで美味しかったのかも知れません。
Pochakaite Malkoの魅力の一つ、強烈なベースが些か減じていた
気がするのは残念ですが。(活躍はしていましたが)

"5th Element"、とても好きな曲なのですが、二年前のライブのMCで
「とんでもなく難しい」というMCで名前が挙がってたので、全く予想して
いませんでした。まさか今日やってくれるとは!感涙ものでした。

然し、わざわざ観に行った甲斐があった暗黒感溢れる素晴らしいライブでした。
是非大阪での公演もお願いしたいですね…。
次回は"Doppelganger","異教徒:切支丹~百姓一揆","絞首刑"辺りも
聴きたいです。前者二曲は今次公演でやると思っていたのですが…。

Pochakaite Malko - "不整脈"

◆セットリスト
Intro
五十肩
Ukraine
Funeral
Drum Solo
5th Element
Violin Solo
Living Magic(New Song)
It Came From ...
ハレルヤ
World Of Pain
Acid Rain
Holy Mountain
Laya
Jam Session
D.N.A.
Anna
Pluto
-Encore-
G-13

"G-13"後のアンコールは桑原氏ドクターストップの為
残念ながらありませんでした。次回公演に期待です。
[PR]
by NonameFa | 2008-09-16 21:56 | 音楽
東京は水道橋、JCBホールにSound Horizonを観に行ってきました。
東京ドーム(の横)でライブを見るのは三月のX Japan以来です。

…やっぱり別のバンドのシャツを着ている人が殆どいないですね。
ゴスロリ(というのでしょうか)の方は結構多く、前回のような
羽やらの付いたコスプレの方は見掛けませんでした。(双子コスの
方はいたようですが…)
私も当初は敢えて別のバンド…Opethのシャツを着ていこうかどうか
悩んだのですが、支度中にSound Horizonのシャツが見あたらず意地になり
(「着ない」と「着られない」は大きな違いがあると思うのです)
結局昨年のツアーTを着ていくことにしました。

セットは相変わらずかなり凝った感じで、奥から演奏者─中段(高さが
機械仕掛けで変わる)─階段or坂─下段ステージ…どうも判りにくいですが…
中段の高さと下段ステージを繋ぐ部分、道具を変えて場面変更をする、と
考えて貰えれば良いと思います。
事前のアナウンスも解説の様な解説でないような微妙さに笑ってしまいました。

ライブの方も中々…だったのですが、音が小さい(語りが結構聞こえづらかったです…)
のと前回同様立ったり座ったり(立ち見席の方が良かった…)、で些か
不完全燃焼でした。セトリ的には下記の通り新譜セルフカバー+αで
新譜の出来が良かったので楽しめ、悪くはなかったのですが。

◆セットリスト
Intro
冥王
人生は入れ子人形
神話
運命の双子
奴隷市場
雷神域の英雄
死と嘆きと風の都
聖なる詩人の島
遥か地平線の彼方へ
死せる者達の物語
星女神の巫女
死せる乙女その手には水月
奴隷達の英雄
死せる英雄達の戦い
神話の終焉
-Encore-
魔法使いサラバント
<ハジマリ>のChronicle
-Ending 国歌斉唱-


[PR]
by NonameFa | 2008-09-16 20:42 | 音楽